フィアット下取り・買取|査定で得する5つの裏ワザ

中古車の下取り・買取り査定で得する裏ワザ

 

フィアット下取り・買取り査定価格は

  • オートオークション売買価格相場
  • ディーラーや買取り業者の基準

などで決まります。
ただし

  • フィアット査定価格を高くする裏ワザ
  • フィアット査定で損しない裏ワザ

というのもあります。

 

知っているのと知らないのとでは、
フィアット査定価格に大きな差がつくかもしれません。

 

裏ワザ1 査定士に好感を持ってもらう

意外と重要です。
フィアットを気持よく査定してもらいましょう。

 

査定士は1人の人間です。
あなたが横柄で失礼な態度だとしたら、

  • あなたの言うことを信用しない
  • 事故歴があるかもしれない
  • キズやヘコミを隠しているかも

など感じてしまうかもしれません。

 

査定士が嫌な気分になったら、
「無理して買取らない。」
と思ってしまうでしょう。

 

安心してフィアットを買取りをしてもらうため、
査定士との信頼関係を大切にしましょう。

 

第一印象アップ方法

フィアット査定前に
洗車・車内清掃・消臭しておきましょう。
第一印象は大切ですよ。

 

裏ワザ2 フィアットは車検切れ前に査定

フィアットの車検が切れていないか?
これは確かに、査定価格に影響します。

 

ただし
車検を通した後にフィアットの買取り査定をしても、
「車検費用」以上のプラス査定はありません。

 

つまり
「車検を通さないほうが得」と言えます。

 

もちろん
車検が残っていれば多少高く買取りしてくれます。

 

フィアットの下取り・買取りを考え始めたら、
車検切れ前に、査定を依頼しましょう。

 

裏ワザ3 細かなキズやカーフィルムはそのまま査定

フィアットの細かいキズを修理したとしても、
修理費用 以上のプラス査定は期待できません。
そのまま査定に出すのが得策です。

 

また、法に触れない限り
カーフィルムはマイナス査定の対象にはなりません。

 

自分ではがして、汚れが残ってしまうと、
逆に査定価格が下がる可能性があります。

 

細かなキズやカーフィルムはそのままで
査定しましょう。

 

裏ワザ4 フィアットを高く売るなら年内

フィアットの価値は、年式で大きく変わります。
フィアットの年式は、初度登録年月で決まります。

 

車の年式は1月1日に一斉に更新されるので、
年が変わると年式が1年分古くなります。

 

12月31日から1月1日に変わると、
フィアットの価値は一気に下がります。

 

年末にフィアットを買替える場合は、
早めに買取り査定依頼しましょう。

 

裏ワザ5 フィアットの査定日は雨の日

雨の日にフィアットの査定をすると、
買取り価格が高くなる可能性があります。

 

なぜ雨の日なのか?
理由は・・・
雨の日に買取り査定依頼する人が少ないから。

 

買取り専門店の1番大切な仕事は、
車を買取ることです。

 

雨の日は、査定依頼が少ないワケですから、
『 多少高い価格でも車を買取りたい! 』
『 どんな車でも良いから、買取りたい! 』
というのが買取り専門店の本音です。

 

そのような時に
あなたがフィアット買取査定を依頼したら
買取り業者は大喜びです。

 

フィアット買取価格の相場一覧表

全グレード 検索して一覧表を作成しました。
年式とグレードで、買取り価格相場が分かります。


>>フィアット買取価格の相場一覧表


も参考にして下さい。